トランプ氏、「6月12日開催」再調整に含み


 【ワシントン=黒見周平、ソウル=水野祥】トランプ米大統領は、6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止発表に踏み切った。

 これを受け、北朝鮮の金桂官(キムケグァン)第1外務次官が対話の継続を求める談話を発表したことに対し、トランプ氏は歓迎の意向を示した。予定通り会談を6月12日に開催する可能性にも言及し、再調整に含みを残した。今後、両国の駆け引きは活発化しそうだ。

 トランプ氏は25日、ホワイトハウスで「北朝鮮と今協議している。彼らは非常によい談話を出した。(6月)12日に開かれるかもしれない」と記者団に語った。
(ここまで260文字 / 残り896文字)