ヘイト反対活動の女性脅迫容疑、男を書類送検


 民族差別などを助長するヘイトスピーチ(憎悪表現)への反対活動を続ける川崎市の在日韓国人の女性に対し、脅迫する言葉をツイッター上に書き込んだとして、川崎署が、藤沢市の無職の男(50)を脅迫容疑で横浜地検川崎支部に書類送検していたことが24日、捜査関係者への取材でわかった。

 書類送検は今月18日付。

 捜査関係者によると、男はツイッター上に「極東のこだま」というアカウントを開設。2016年8月と17年4~5月、在日韓国人3世の崔江以子(チェカンイジャ)さん(44)に対し、「夜に備えて近所で買い物してくるか。チェカンイヂャとすれ違うかも」などと書き込み、脅迫した疑い。容疑を認めているという。

 24日に東京都内で記者会見した弁護団によると、崔さんは2016年1月、ヘイトスピーチに反対する市民団体の一員として活動を開始。男は同年2月から、ツイッター上で崔さんに対する書き込みを始め、「桜本の在日朝鮮人は侵略者」などとするヘイトスピーチも繰り返していた。

 記者会見に同席した崔さんは、「街中で後ろを歩いている人が投稿者かもしれないと恐怖の気持ちを持った。長い間ネット上で攻撃を受け、死にたいと思うこともあった」と語った。