今月16日に63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの通夜が25日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。 ともに「新御三家」と呼ばれた野口五郎さん(62)、郷ひろみさん(62)や親交の深かった関係者、ファンら約4000人が別れを惜しんだ。 取材に応じた郷さんは「僕が16歳でデビューした時から、毎日一緒にいることが当たり前のように育ってきた感覚がある。ぽっかりと大きな穴が開いてしまった気がします。僕にないダイナミックさを持っていて、背中を見るように、一生懸命学んできた。短い(生涯)と言っても、きっと彼は一生懸命生きたんだろうと思う。本当に心から、安らかに眠ってほしい」と、絞り出すような声で語った。 (ここまで299文字 / 残り48文字)

郷さん「ぽっかり大きな穴」…西城秀樹さん通夜


 今月16日に63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの通夜が25日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。

 ともに「新御三家」と呼ばれた野口五郎さん(62)、郷ひろみさん(62)や親交の深かった関係者、ファンら約4000人が別れを惜しんだ。

 取材に応じた郷さんは「僕が16歳でデビューした時から、毎日一緒にいることが当たり前のように育ってきた感覚がある。ぽっかりと大きな穴が開いてしまった気がします。僕にないダイナミックさを持っていて、背中を見るように、一生懸命学んできた。短い(生涯)と言っても、きっと彼は一生懸命生きたんだろうと思う。本当に心から、安らかに眠ってほしい」と、絞り出すような声で語った。
(ここまで299文字 / 残り48文字)